野鳥たち

  • アカゲラ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • セイヨウカラシナ
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • アイスパビリオン
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« ヨシガモ   きれいな尾羽 | トップページ | アカハジロ   朝陽の池で »

ハチジョウツグミ    色もきれい

 ハチジョウツグミの名前の由来は、八丈島で最初に見つけられ捕獲されたのでその命名のようであるが、胸の赤い模様が特徴である。

20170224_dsc9322

 胸の赤い色の明るさ濃さで四畳半だとかいわれることもあるが、それからすると目の前の個体は八畳である。

20170224_dsc8846

 今の時期どこに行っても胸から腹の黒模様のツグミの姿は見ることができるが、この赤いハチジョウツグミにはなかなか出会うことは少ない。

20170224_dsc8848

 ツグミの姿を見つけると必ずよく見て、その腹の赤いツグミとの出遭いを期待しているのだが、今まで期待通りになったことは少ない。

20170224_dsc9270

 そんななか梅が満開の公園にハチジョウツグミが出ているというので、勇んで足を向けてみた。

20170224_dsc9279

               怪しい目?

 あわよくば梅の枝どまりでもと大いに期待しながら、体調は風邪気味であるがのど飴を口にしてうきうきと早朝から出かけた。

20170224_dsc9127

      飛ぼうかな!

 広い公園であるが、その場所はカメラを持った人が数人、それを構えていたのですぐにわかった。

Hcj6

      それっ!

 さっそく仲間に入れてもらうと、草地の斜面をつついて餌を啄みながら移動している目的の鳥の姿。飛んでしまわないうちにと気持ちは焦りながらも、落ち着いてバックパックから機材の準備をする。

Hcj7

       ピントが?

 草地ばかりを歩いているので梅の枝にと贅沢は言わないが、せめて飛翔姿か近くの樹木の横枝にと願いながら覗くファインダーである。

Hcj112

 それでも一時間ほどの出遭いで、遠くには行かずに結構たのしませてくれたハチジョウツグミである。

 

 

« ヨシガモ   きれいな尾羽 | トップページ | アカハジロ   朝陽の池で »

鳥見」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513775/64947729

この記事へのトラックバック一覧です: ハチジョウツグミ    色もきれい:

« ヨシガモ   きれいな尾羽 | トップページ | アカハジロ   朝陽の池で »