野鳥たち

  • アカゲラ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« アトリ    枝とまりのおすまし | トップページ | シロハラ   公園で考える »

ルリビタキ  わたしもいるよ

 公園を賑わす主役をファインダーに収めて、成果があったので少し満足してその場を後にしようと急ぎ足で歩いていると、地上を飛び跳ねている野鳥の影。

Rur1

 無視して通り過ぎようとすると、「私もここにいるよ」 と言わんばかりに、大きな樹木の幹に出た小枝に止まってポーズをとるルリビタキのメスである。

Rur2

 尾羽を少し広げて横顔を見せるあたりはさすがに、かわいさを見せるメスの仕草かなと思う。

Rur3

 そのうちに隣の小枝に飛び移って全身を誇示している。ブルーのオスのきれいさも華やかであるが、メスの控えめな容姿も魅力的である。

Rur4

 今シーズンも7個体ほどの姿を見ているが、オスはこの公園の高台ではあまり見かけていない。脇役になってしまったルリビタキも、そのうちにまた主役の座を取り返す日も来ることだろう公園風景である。

 

« アトリ    枝とまりのおすまし | トップページ | シロハラ   公園で考える »

公園散歩」カテゴリの記事

コメント

殆ど毎日の鳥日記?今年も楽しく読ませて頂いています。有り難うございます。
尾羽はどんな時広げるんだろう?と思いました。可愛い仕草なんでしょうね。脇役もいつか表舞台に…なんて良いですね。でも名脇役ってのも魅力的。掌に乗せてみたい可愛さでした。

イトサトさんいつもありがとうございます。
 尾羽を広げるのはうれしい時や愛情表現の時もあるようですが、この場面は怒っているか、威嚇の姿かなと思います。
 のんびりしていたのに足音で驚かせたみたいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513775/64834325

この記事へのトラックバック一覧です: ルリビタキ  わたしもいるよ:

« アトリ    枝とまりのおすまし | トップページ | シロハラ   公園で考える »