野鳥たち

  • サンコウチョウ♀
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • セイヨウカラシナ
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • アイスパビリオン
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« ルリビタキ   メスのかわいさ | トップページ | ヨシガモ   きれいな尾羽 »

オカヨシガモ   地味な魅力

 鳥の世界は一般的には派手なスタイルをしているのはオスであるが、オスでも比較的地味な外観を見せるのはオカヨシガモである。

Oky1

 メスはもちろんオスよりも地味である、見方によってはメスのほうが派手に見えるかもしれないが、カルガモによく似ている。オスは地味だといっても飛翔姿は結構魅力的である。

Oky2

 普段は見えない次列風切羽の白い部分が翼を開くと、白と黒と茶色が並んでその飛翔姿がきれいである。それも期待して待っているがそれに応えてくれるかどうか?

Oky3

 この季節になるとすでにカップルが出来上がっているのか、ペアーで嘴を水につけて採餌をしながら水面を泳いでいる。

Oky4

 人の世界でも派手さはないが渋い魅力を発揮する男性もいる。最近は高齢の独身男性が多いが、こういう人はなかなか目立たないので、女性も見つけるチャンスがないのかもしれない。

Oky5

 いわゆる草食系男子と言ってさけられているのかと思うとこれも少し違う。現実にオカヨシガモは草食系だからというのは、当てはまらないなと思いながらの鳥見である。

« ルリビタキ   メスのかわいさ | トップページ | ヨシガモ   きれいな尾羽 »

鳥見」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513775/64921892

この記事へのトラックバック一覧です: オカヨシガモ   地味な魅力:

« ルリビタキ   メスのかわいさ | トップページ | ヨシガモ   きれいな尾羽 »