野鳥たち

  • アカゲラ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • セイヨウカラシナ
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • アイスパビリオン
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« ミコアイサ   パンダに似て | トップページ | ルリビタキ   メスのかわいさ »

キクイタダキ   得意のフライイングキャッチ

 今シーズンはわが公園にもいろいろな鳥たちがやって来てくれた。タイミングよくその場に居合わせなかったので、大きなチャンスを逃していることも多い。最初の頃珍しかったアトリは、今では雀を見るより出遭いの頻度が高い。

Kik1

 そんな中でも長いこと楽しませてくれるキクイタダキは、体が小さくその上動きが早いのでなかなか良いショットの場面を与えてくれない。

Kik2

 例年モミジの実を食べたりして見やすいところに出てくれていたが、今シーズンはヒマラヤスギに来る小さな虫を捕っているらしく緑の茂る杉の葉の中を動いていることが多い。

Kik3

 そんなわけで、事前に来そうなところを狙って待っていると、目の前の緑の大きなヒマラヤスギの樹木の枝にシルエットでホバリングの姿が映る。キクイタダキはフライングキャッチが得意なのである。

Kik4

 手早くファインダーに収めようとするが、わが国で一番小さな鳥といわれるぐらいに、姿が小さいのとその上動きが早いので追いかけるのはなかなか大変である。

Kik5

 この公園では、メジロやエナガの群れと一緒に混群で移動してくることが多い。たまにはキクイタダキだけ数羽でやってくることもある。公園内の樹木を採餌をしながら定期的に回っているようである。

Kik6

 樹木の枝に鳥の動きがあってそのつもりで撮っていると、結果メジロだったりすることもある。とにかく動きが早いので年寄りにはやさしくない鳥の一種である。

Kik7

 樹木の枝の間の葉のないところや移動のときにその姿を確認して、集中して追いかけないと簡単にはファインダーに収まってくれない。

Kik8

 そんなキクイタダキだが今朝は何とかその姿をファインダーとらえることができた。早起きは三文の得というところだろうか、公園でのラッキーな出遭いのチャンスとその苦戦の一コマである。

 

 

 

« ミコアイサ   パンダに似て | トップページ | ルリビタキ   メスのかわいさ »

鳥見」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513775/64917705

この記事へのトラックバック一覧です: キクイタダキ   得意のフライイングキャッチ:

« ミコアイサ   パンダに似て | トップページ | ルリビタキ   メスのかわいさ »