野鳥たち

  • アカゲラ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • セイヨウカラシナ
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • アイスパビリオン
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« カワガラス   そろそろ子育て | トップページ | シロハラ   人慣れのころお別れ »

ジョウビタキ♂    菜の花と

 冬鳥はそろそろ北の方へ移動を始める季節になってきたが、今シーズンはジョウビタキのオスの姿を見かける機会が少なかった。

Job5

 「ヒッ、ヒッ、ヒッ、ヒッ・・・・・・」 とよく通る声で鳴いているが、その声の聞こえるところを探すとメスの場合が多かった。

Job1

 メスも地味な装いで、控えめな清楚な雰囲気を見せて好きな鳥であるが、冬場は縄張りをしっかりと作りオスでも追い出してしまう気丈さもある。

Job2

 ヒタキ類の名前を見るとオスのイメージから名前を付けられて、それのメスという雰囲気が多い。現代では死語に近いが「男尊女卑」の世界かと思う。

 わかりやすいのはルリビタキである。オスは確かに瑠璃色をしているのでわかるが、メスはそうではなく単にそのメスというイメージである。

Job3

 そんなわけでジョウビタキの名前の由来を調べてみると、これもオスの外観から命名されている。

Job4

  オスの頭の銀白色を尉(じょう)という。尉とは自衛隊の位の大尉、中尉、少尉という尉であるが、能楽の翁の能面をいう。さらに炭火の燃え終わって白くなったものという意味もある。

Job6

 どうもその辺からの命名らしい。確かにジョウビタキのオスは黒い顔に旧ドイツ軍のヘルメットのような銀白色の頭をしている。

Job7

 そんなジョウビタキのオスが、春の訪れとともに咲き始めた川のほとりの菜の花を観賞している。北帰行の旅立ち前のリラックスしたジョウビタキの姿である。

 

 

« カワガラス   そろそろ子育て | トップページ | シロハラ   人慣れのころお別れ »

鳥見」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513775/65021966

この記事へのトラックバック一覧です: ジョウビタキ♂    菜の花と:

« カワガラス   そろそろ子育て | トップページ | シロハラ   人慣れのころお別れ »