野鳥たち

  • アカゲラ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« カワセミ   飛び込みを期待して | トップページ | アメリカヒドリ   ハイブリッドか »

オガワコマドリ   もうすぐ旅立ちか

 オガワコマドリというから小川のあるところに生息するコマドリかと思っていたら、全然違っていた。

Ogk1

 野鳥たちの名前の付け方にはある基準があるわけではなく、その時々の印象や発見の経緯などそれぞれである。

Ogk2

 眼の周りが白いからメジロ、白いセキレイだからハクセキレ、大きな鷹はオオタカなどである。

Ogk3

 このオガワコマドリは、何と発見して最初に採集した鳥類研究者小川三紀さんの名前から引用して1916年に命名されたらしい。

Ogk4

 ユーラシアの中・高緯度地方で繁殖して、日本へは冬鳥として稀にやってくるという。川や池の葦原で越冬することが多い。

Ogk5

 多摩川にも来たことがあったが、遭遇できず一度は遭いたいと思っていた鳥の一種である。

Ogk6

 もうそろそろ旅立ちの季節になるのでその前にと出かけてみた。のど元のブルーとオレンジが印象的で、コマドリのように尾羽を立てた姿は凛としている。

Ogk55

 ちなみに英名ではBluethroat(青い喉)という。逗留地の背景はあまりきれいではないが、葦原の枯れた葦の中を元気に動きまわっていた。胸の模様がきれいな色のオガワコマドリとの遭遇であった。

 

« カワセミ   飛び込みを期待して | トップページ | アメリカヒドリ   ハイブリッドか »

鳥見」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513775/65000594

この記事へのトラックバック一覧です: オガワコマドリ   もうすぐ旅立ちか:

« カワセミ   飛び込みを期待して | トップページ | アメリカヒドリ   ハイブリッドか »