野鳥たち

  • アカゲラ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« トラフヅク  白い個体も | トップページ | アオゲラ   まず腹ごしらえ »

ワカケホンセイインコ   にぎやかな森

 にぎやかと言えば聞こえはいいが、見方によってはうるさいと思うほどの数の鳴き声である。その声の主は外来種のワカケホンセイインコの群れである。

Wkh1
      仲間を見下ろす♂

 それも朝早くから公園近くの神社の森から聞こえてくる。しかも休日の早朝ときては近隣の人たちもさぞかし迷惑のことだろうと思う。

Wkh2

 色鮮やかな南洋の鳥が日本で驚異の繁殖をしている。最初はペットとして飼われていたものが野生化してその範囲が広がっているのである。

Wkh3

 インドやセイロンなどにいる南の国の鳥が日本で繁殖するということは、やはり地球温暖化が進んでいるということになるのだろうか。

Wkh4

 島国日本では外来種が入ってくると、動植物の生態系が変わるといって神経をとがらすが、陸続きの国境を持つ国では、空を飛ぶ鳥に入国制限はできない。自由に国境を越えてしまう。

Wkh5

 それにしても日本に外来種は増えているが、その繁殖力はすさまじいと思う。渡り鳥以外での外来種はほとんどが篭脱け鳥であるが、その増え方と行動を見ていると確かに固有種の生態系には影響があるだろう。

Wkh6

 古来より渡りを繰り返している鳥たちには国境はないもどうぜんであるが、現代のようにインターネットの普及した人間の世界も国境はなくなりつつある。鳥と同じようなことが問題となってくるのではないかと心配になる。

 

« トラフヅク  白い個体も | トップページ | アオゲラ   まず腹ごしらえ »

公園散歩」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513775/65037005

この記事へのトラックバック一覧です: ワカケホンセイインコ   にぎやかな森:

« トラフヅク  白い個体も | トップページ | アオゲラ   まず腹ごしらえ »