野鳥たち

  • サンコウチョウ♀
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • セイヨウカラシナ
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • アイスパビリオン
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« シロハラ   人慣れのころお別れ | トップページ | トラフヅク  白い個体も »

シマアジ   魚じゃないよ

 シマアジをとりに行くといえば、一般的には釣りに行くのかなと思われるが、水鳥の名前である。

Sma1

 ましてや居酒屋のカウンターでは刺身になってしまう。ところがきれいな水鳥なのである。

Sma3

 これも名前の由来を調べてみると、オスの太く白い眉斑をシマとして、アジは食用にされていたころ味がよかったらしい。

Ajs111

 なぜか眉に唾をつけて聞くような話になってしまう。エクリプスの頃から居ついて、すでにきれいな繫殖羽になり、菜の花を背景に旅立ちの準備をしている。

Sma4

 夜明けが早くなった陽の光を浴びて、咲き始めた黄色の菜の花が水面に映る小川で餌採りに夢中である。

Sma5

 その食欲旺盛な食べっぷりは、そろそろ北へ向けて旅立ちのタイミング待ちをしているのかなと思わせる。

Sma2

 水面に嘴を入れて右に左に動きまわって餌を採ると、丘に上がって咲き始めた菜の花を見たりしている。

Sma6

 こんな光景も越冬地を懐かしんでいる風に見てるのは自分だけだろうか?魚じゃないきれいな婚姻色に染まってきたシマアジの後ろ姿である。

Sma7

 飛翔姿を見たいなと思いながらレンズをのぞいていると、カルガモと共に飛びたち、黄色に光る菜の花の上を旋回して飛び去ってしまった。まだい行かないでと思いつつの飛翔姿である。

« シロハラ   人慣れのころお別れ | トップページ | トラフヅク  白い個体も »

鳥見」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513775/65033783

この記事へのトラックバック一覧です: シマアジ   魚じゃないよ:

« シロハラ   人慣れのころお別れ | トップページ | トラフヅク  白い個体も »