野鳥たち

  • アカゲラ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« オオヨシキリ   新緑に映えて | トップページ | サンコウチョウ Ⅱ  メスの到着 »

サンコウチョウ   営巣地を歩く

 夏鳥がどんどん入ってくる公園も、休憩地点なのでうまくタイミングが合うと出会いの場面が持てるが、そのタイミングが難しい。

Photo_2
          オスの見返り風

 その上長いこと休んでくれると出会いのチャンスも多くなるが、長逗留の鳥で一週間、早いものは一日で抜けてゆく。

Photo_3
          化粧のノリの悪いメス

 今シーズンのサンコウチョウは一日で営巣地に向かったようである。仲間の鳥友さんは早朝にその姿をファインダーに収めていた。

Photo_4

 公園で振られたら営巣地まで追いかけるしか出遭いの方法はない。それではと早朝から山に向かう。

Photo_5
          オスを待つメス、枝被りが残念

 毎年このシーズンになると青いきれいなアイリングと、長い尾をひらひらさせて飛ぶ姿を見ないと、夏が気持ちよく迎えられないような気がする。

Photo_6

 早朝の営巣地は賑やかな鳴き声から始まった。サンコウチョウの鳴き声は、「ツキヒーホシ、ホイホイホイ」 と聞こえる。

Photo_7
          長い尾羽も長旅で傷んでいる

 なまえの由来はその鳴き声からきている。月、日、星の三つの光から三光鳥と呼ばれるようになったといわれる。

Skc7

 メスも到着したようで、オスとともにホバリングをしたり求愛行動をしたりとにぎやかである。見たところメスが三羽、オスが四羽ほどで忙しく動き回っている。

Skc8

 オスの目の周りのあのブルーのアイリングが朝の日に光る。それに引き換えメスのアイリングは下手な化粧をしたように薄い色である。

Skc9

 ペアーもできたようなので、この次は子育てのシーンでお目にかかりたいものである。

 

« オオヨシキリ   新緑に映えて | トップページ | サンコウチョウ Ⅱ  メスの到着 »

鳥見」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513775/65311460

この記事へのトラックバック一覧です: サンコウチョウ   営巣地を歩く:

« オオヨシキリ   新緑に映えて | トップページ | サンコウチョウ Ⅱ  メスの到着 »