野鳥たち

  • アカゲラ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • セイヨウカラシナ
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • アイスパビリオン
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« スズメ  お宿も時代とともに | トップページ | ミサゴ   これも繁殖活動? »

カルガモ   雛が孵って

 近くの池のカルガモの雛が孵って、親の後を一列に並んでほほえましい風景だよと、聞いたので早朝に出かけて見た。

Krg1
           今朝の活動開始

 このあたりでは、カルガモはどこにもいるので、あえて注目したりファインダーに収めたりすることは少ない。

Krg2
          陸へ上がって

 ただし毎年この季節、子育てが始まって雛の行列を見るときはまた別の話になる。このときばかりは人気者である。

Krg3
          今日の勉強

 それも子供はたくさんのほうが絵になる。2,3羽だとあまり面白くない。親鳥の後にぞろぞろと、よちよち歩きがついてゆく様に興味をひかれる。

Krg31
          一休みの休憩

 昔は貧乏人の子だくさんと言われて、7,8人の子供がいる家庭が普通に見られた。その趣旨はいろいろである。

Krg4
          危険を知らせる親鳥

 現在のように医学が進歩しているわけでもなく、病死は当たり前であった。その上子供は働き手の一人に数えられていたこともある。

Krg41
           一斉に池の中に移動

 目の前のカルガモの子供たちは、何羽が生き残れるのかという自然の摂理の中で生きてゆく。すでに9羽生まれて、8羽になり今日現在は7羽だという。

Krg5
          子供を逃がし、敵を威嚇する親鳥

 せめてこの残った7羽は、無事に成鳥になって、子孫を残してほしいと思う早朝の池の端である。

 

« スズメ  お宿も時代とともに | トップページ | ミサゴ   これも繁殖活動? »

鳥見」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513775/65249148

この記事へのトラックバック一覧です: カルガモ   雛が孵って:

« スズメ  お宿も時代とともに | トップページ | ミサゴ   これも繁殖活動? »