野鳥たち

  • アカゲラ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« ツミ Ⅱ   子育ての母 | トップページ | ミドリシジミ   金属光沢に魅せられて »

ツミ Ⅲ   子育ての狩り

 子育て中の狩りは忙しい。自分の食べ物もしかりだが、雛が大きく育つにしたがってその食べる量も違ってくる。

Tum1

 子供の数は通常3~4羽だから成長にしたがって食べるものも多くなる。鳥たちの子育てが終わってやつれた姿をよく見ることがある。

Tum2

 「子を持って知る親の恩」という言葉があるが、そういう姿を見ると鳥の世界も同じだなと思うのである。

Tum3

 親への愛情や恩情は、自分が子供を持ってみて初めて分かるものである。親の立場になってから、子育ての大切さや親の愛情の深さ、親の有難みがわかるというものである。

Tum4

 目の前のツミの子育てを見ていると、我が家の孫を育てている娘もそれを感じているのかなと思うこのごろである。

Tum5

 そんなことを考えていると突然のけたたましい鳥の鳴き声とともに数羽の鳥の姿、ムクドリである。

Tum6

 どうやらそのうちの一羽がツミの餌食になったようである。それも目の前での出来事である。

Tum7

 雑木林の枯葉でバタバタと抵抗するムクドリ、それを助けようとする仲間が飛び交う。しっかりと抑え込んだツミは片足に捕まえて上の横枝に飛びあがる。

Tum8

 見上げる樹木の横枝で餌食にしたムクドリの羽をむしり始める。オスの帰りが遅いメスの子育て中の狩りの一場面の遭遇であった。

 

 

« ツミ Ⅱ   子育ての母 | トップページ | ミドリシジミ   金属光沢に魅せられて »

鳥見」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513775/65373652

この記事へのトラックバック一覧です: ツミ Ⅲ   子育ての狩り:

« ツミ Ⅱ   子育ての母 | トップページ | ミドリシジミ   金属光沢に魅せられて »