野鳥たち

  • アカゲラ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • セイヨウカラシナ
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • アイスパビリオン
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« キビタキ  雨あがりの小枝 | トップページ | エゾヒグマ   知床で »

オオセグロカモメ   営巣中

 「♪ 港を愛せる男に悪い男はいないよなんて ♪」 という歌詞のある歌があった。「カモメが翔んだ日」 で、渡辺真知子のヒット曲である。

Kmo11
 カモメが見える風景が好きで海岸に来るとよく思い出す歌の一つである。あいにくの小雨模様であるが、カモメの営巣地である切り立った崖がある。

Kmo2

 海に突き出した柱状節理の黒く見える岩肌に、白い糞のようなものが見えるところにその姿はある。

Kmo3

 海が近ければもっと海鳥にも詳しくなるのだろうが、海鳥の区別は苦手で難しくよくわからない、海岸近くにいる鳥はカモメとひとくくりにしてしまう。

Kmo4

 この中にもカモメとオオセグロカモメがいる。少し知っている知識をひけらかすと、アシがピンク色がセグロカモメの仲間で黄色がカモメになる。

Kmo0

 カモメの中でも一番わかりやすいのはユリカモメで、これは嘴と足が紅いのでわかりやすい。

Kmo6

 さらにカモメは一般的に目つきが悪いが、ユリカモメは比較的やさしい目をしている。そのうえ目の後ろの方に黒い斑があるので区別しやすい。

Kmo7

 営巣地を見るとさすがにと思う。見るからに人も登れないような断崖絶壁に巣を作って、天敵から身と子供を守ろうとしている。

Kmo8

 「カモメが翔んだ日」の失恋の歌を思い出しながらの、カモメ観察の海岸沿いである。

 

 

 

« キビタキ  雨あがりの小枝 | トップページ | エゾヒグマ   知床で »

早朝散歩」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513775/65347399

この記事へのトラックバック一覧です: オオセグロカモメ   営巣中:

« キビタキ  雨あがりの小枝 | トップページ | エゾヒグマ   知床で »