野鳥たち

  • オオソリハシシギ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« アカショウビン  Ⅴ  背中のブルーが | トップページ | アカゲラ  Ⅱ  湖畔で »

アカゲラ   エゾハルゼミを銜えて

 梅雨の晴れ間、枯れかけたクマザサの中のブナ林の古木の幹を見ると、アカゲラの巣穴が見える。クマザサは6年に一度枯れるらしいので、その年にあたってるとのこと。

Akgh31

 野鳥のさえずりが響き渡る静かな森に、目線に見えるその巣穴から小さな鳴き声が聞こえるのは、アカゲラの雛の餌のおねだりの声か。

Akgh32

 しばらく待っていると樹木の影にアカゲラのオスの姿、嘴には蝉のようなものを銜えている。

Akgh33

  一旦近くの樹木の幹に止まってから巣穴へ向かう。巣穴の下に取りついたオスは、雛の鳴き声がする巣穴へ近づくと餌を見せる。

Akgh34

 

 巣穴からは頭の赤い雛が顔を出す。小さな雛が大きな口を開けて親からの餌を受け取る。今朝のごちそうはエゾハルゼミのようである。

Akgh35
      エゾハルゼミをどうぞ!

 アカゲラの見分け方は、頭の後ろの方が赤いのがオスで、メスにはその赤い模様はない。ところが雛はオスもメスも頭の前の方が赤いのである。

Akgh36

 そんな頭をした雛が顔を出すと、アンバランスに見える大きな嘴とクルッとした目がかわいい。

Akgh37

 その小さな嘴を大きく開けて、親の嘴から餌をもらうときは、目を閉じているように白く見える。

Akgh38

 エゾハルゼミは捕りやすいのかオスもメスも交互に餌運びをしているが、それを嘴に銜えて意外と早くやってくる。

Akgh39
      とって返して餌取りに!

 セミにとっては地中生活7年目で地上に出たのに、アカゲラに捕食されてはたまったものではない。そんなことはお構いなしの忙しいアカゲラ親子の給餌風景である。

 

 

« アカショウビン  Ⅴ  背中のブルーが | トップページ | アカゲラ  Ⅱ  湖畔で »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アカゲラ   エゾハルゼミを銜えて:

« アカショウビン  Ⅴ  背中のブルーが | トップページ | アカゲラ  Ⅱ  湖畔で »