野鳥たち

  • オオソリハシシギ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« アカショウビン  Ⅲ  水浴び | トップページ | アカショウビン  Ⅴ  背中のブルーが »

アカショウビン  Ⅳ  その飛翔

 早朝から長い時間その出現を待っていたが、待った甲斐があってあちらの枝、こちらの枝と、いろいろ飛び回って楽しませてくれる。

Aksh51_2


 やはり千両役者というのか首を長くして待っていたからか、登場するとそれなりに待っていた時間を忘れさせてくれる。

Aksh52

 いわゆる期待に応えてくれているなと思える。紅いくちばしと赤褐色の体であるが、背中に水色の部分があるのが特徴である。

Aksh53

 それは羽を広げて飛んでくれないとよく見えない部分である。それを見てくれと言ってるのか、こちらに向かって来たりする。

Aksh54

 見えるのは背中なので向かい鳥では見えない。それとも向かってくるのは、少しストレスがたまって、カメラを持った人を牽制しているのかなとも思える。

Aksh55
               見事な飛翔姿

Aksh56

           背中のブルーが少し見える

待ち時間の割には飛翔の場面は数分であるが、あまり迷惑をかけてはいけないので、ほどほどのところで引き上げることにした。それでも数年ぶりのアカショウビンとの出遭いは帰路の足を軽やかにしてくれた。

 

« アカショウビン  Ⅲ  水浴び | トップページ | アカショウビン  Ⅴ  背中のブルーが »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アカショウビン  Ⅳ  その飛翔:

« アカショウビン  Ⅲ  水浴び | トップページ | アカショウビン  Ⅴ  背中のブルーが »