野鳥たち

  • オオソリハシシギ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« アオバズク   今シーズンも | トップページ | ササゴイ  Ⅱ  それぞれ得手不得手が »

ササゴイ   婚姻色のオイカワを一飲み

 梅雨の晴れ間、婚姻色のきれいなオイカワのオスを一飲みにするササゴイを見に行ってきた。

Ssg511
          じっと狙いをさだめる

 毎年梅雨のこの時季にその場面は見られる。あまり雨が降った後だと水量が多く、濁っているので魚の漁はあまり見られない。

Ssg51

 ほどよく水量が少なく澄んだ水のときが魚が見えやすいので、梅雨の時季でもそのタイミングを図っていくことがポイントになる。

Ssg52
          鳥の写真は目が命、魚の目もついでに!

 鳥たちの漁は朝方が多いが、太陽も薄日だったので、川辺で昼頃からそのチャンスを待った。

Ssg53

 ササゴイが下流にあるねぐらから上流へ向かって飛んでくると、目の前の静かな流れの河原に降りた。

Ssg54

 早速頭を下げた忍び足スタイルで水辺を歩きながら、魚を物色している。浅い流れの川に入りじっと魚を狙って体を低くすると、じっと水面を見つめている。

Ssg55

 このササゴイは一発勝負を狙っているのか、その狙いは慎重でしばらくの間瞬き一つしないで狙いを定める。

Ssg56

 その瞬間をファインダーにと、こちらもじっと動かず待っているが、どうしても一息入れてしまう。その瞬間に鋭いくちばしは水面に向けられた。

Ssg57
                 一飲み

 残念ながらその瞬間は逃してしまったが、大物を嘴に加えたようである。そして首を高々と上げて一気に飲み込んでしまった。繁殖期のオイカワのオスを捕らえる水辺の風景である。

 

« アオバズク   今シーズンも | トップページ | ササゴイ  Ⅱ  それぞれ得手不得手が »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ササゴイ   婚姻色のオイカワを一飲み:

« アオバズク   今シーズンも | トップページ | ササゴイ  Ⅱ  それぞれ得手不得手が »