野鳥たち

  • オオソリハシシギ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« アオバズク   抱卵を見守るオス | トップページ | オオヨシキリ  蝶を銜えて »

キジ   ペアーで早朝散歩

 田植えの終わった田んぼはすっかり苗が生長して、緑一面の目にさわやかな風景を見せてくれる。

Kij1
           キジの♀

 田植えを終わったばかりは、夜に水を入れて昼には水を止めるという作業がある。水を入れないと苗が生長しない。

Kij2

 そして昼には水を止めないと、田んぼの中が均等に温まらないので、品質の良いコメを生産するにはこの地道な作業が必要なのである。

Kij3
           メスを見守るオス

 緑一面の広い田んぼの中、碁盤の目のように整備された狭い農道を、白い軽トラックがゆっくりと動いている。

Kij4
            とぼけた素振りで遠くを眺めるオス

 たぶん苗の生育具合とその水番をしているのだろう。そんな田んぼのあぜ道をキジのペアーが、子育ても終わりのんびりと朝食がてらの散歩というところか。

Kij5
           周りを警戒しながら遠回りをするオス

 早朝とはいえ、梅雨の晴れ間陽ざしが上り始めると、額には汗がにじみだす。人の気配を感じたキジのペアーは田んぼの中へと移動を始める。

Kij51

 メスが先に生育した苗の中に姿を隠すと、オスはそれをカムフラージュするように、姿を見せてあぜ道を遠回りする。

Kij6
            ついてくるならこちらだよ

 お互いをカバーしながら、見ていてもその仲睦まじい光景がうらやましく見える。そんな早朝のキジ夫婦との出遭いであった。

 

 

« アオバズク   抱卵を見守るオス | トップページ | オオヨシキリ  蝶を銜えて »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: キジ   ペアーで早朝散歩:

« アオバズク   抱卵を見守るオス | トップページ | オオヨシキリ  蝶を銜えて »