野鳥たち

  • オオソリハシシギ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« タマシギ   かかあ天下の繁殖期 | トップページ | ケリ    目つきは悪いが »

トビ   なかなかやるね

 トビというと猛禽類ではあるが、あまり人気がない。というのはどこにでもいるし、雑食系なので見た目にスマートさがないからなのか。

Tob1

 飛び方もゆっくりとして、精悍さがあまり見えないからかもしれない。と思っているのは自分だけか、空を飛んでいても「なんだトビか」とか「トビじゃね」という表現をしてしまう。

Tob2

 そんな先入観を持っている人間の目を覚まさせるような光景を見せてくれるトビが、目の前にいる。

Tob3

 色眼鏡をとって改めて見直すと、その鋭い目や嘴は結構魅力的な猛禽類である。仲間同士で繰り広げるバトルや縄張り争いは見ごたえがある。

Tob4

 川べりの枯れ枝に止まるトビは、じっと川の流れを見下ろして獲物を狙っている。そのうちに鋭く飛び出して川面に足を延ばしたかと思うと、小さな水しぶきを上げて飛び上がると手前の横枝に止まった。

Tob5

 その足元を見ると見事に魚を捉えている。獲物はそう大きくはないがみごとである。なかなかやるなと見直した光景である。

Tob6

 とかく人を見るときにも先入観で見てしまいがちであるが、新たな目で良いところを見つけてやることが、いかに大切かということを教わったトビの狩りの場面である。

 

 

 

« タマシギ   かかあ天下の繁殖期 | トップページ | ケリ    目つきは悪いが »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: トビ   なかなかやるね:

« タマシギ   かかあ天下の繁殖期 | トップページ | ケリ    目つきは悪いが »