野鳥たち

  • オオソリハシシギ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« コジュケイ   家族で | トップページ | モズ    高鳴きが始まる »

オナガ   木の実を銜えて

 日陰に入ると涼しさを感じる風が吹き抜けるようになった河原も、秋の空の陽射しはまだかなり強い。

Ong1

 それでも空に浮かぶ雲は真夏とは違った秋のそれである。渡りの鳥を探して伸びきった夏草の中を歩く。

Ong2

 草の中から飛び出してくるのは小鳥と間違えそうな大きなバッタである。それもその羽音が大きく思わずレンズを向けそうになる。

Ong3

 その飛び出すバッタの数の多さに驚きながら、期待の鳥の出現を探しているが思うようにその姿は見えない。

Ong4

 高い空の陽射しも西に傾き始めたので、そろそろ見切りをつけようと帰路に就いたが昆虫以外は坊主である。

Ong5

 帰宅途中の坂道にある榎だろうか、西日が当たる樹木の葉陰にオナガの姿がある。どうも幼鳥らしい。

Ong6

 木の実が赤く色づき始めた枝に数羽のオナガの幼鳥たち。嘴を伸ばしてその実にくらいついている。本来はスマートな装いのオナガであるが、幼鳥なのでその色はまだ魅力に欠ける。本命坊主の帰り際のオナガとの出遭いである。

 

« コジュケイ   家族で | トップページ | モズ    高鳴きが始まる »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オナガ   木の実を銜えて:

« コジュケイ   家族で | トップページ | モズ    高鳴きが始まる »