野鳥たち

  • オオソリハシシギ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« タマムシ    見事な金属光沢 | トップページ | オナガ   木の実を銜えて »

コジュケイ   家族で

 公園を歩いていると、「チョットコイ、チョットコイ・・・・」と鳴くのであたりを見回してみるがその姿は見えない。

Kjk1

 しばらくの間静かにしていると、黄色の葉が目立ち始めた梅の木のある緑地の影の叢からコジュケイの幼鳥が姿をみせた。

Kjk2

 恐る恐る顔を出したかと思ったら、あたりを警戒して見回している。一羽がゆっくりと藪の間から出てくると、つぎから次へと三羽の幼鳥である。

Kjk3

 地面の餌を啄みながらゆっくりと歩き始める。それでも周りを警戒している。そのうちに喉元が赤っぽく胸元がブルーの親鳥が二羽現れて親子五羽での散策である。

Kjk4

 幼鳥たちはまだ体の色が明確でなく、そのきれいさは親鳥にはかなわないが、前になり後になりして一人前に餌探しである。

Kjk5

 時々上空でカラスが鳴いたりすると、背を低くして足早に移動する。すぐに隠れることができるように藪の近くを離れないでの動きである。

Kjk6

 この公園で繁殖している留鳥たちの雛も大きくなって、家族で行動するのも秋口までだろうか、そろそろ冬鳥も姿を見せてくるので、公園の散策も楽しみになってくる季節である。

 

« タマムシ    見事な金属光沢 | トップページ | オナガ   木の実を銜えて »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コジュケイ   家族で:

« タマムシ    見事な金属光沢 | トップページ | オナガ   木の実を銜えて »