野鳥たち

  • オオソリハシシギ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« ツツドリ    最後のあいさつ | トップページ | ハヤブサ   元気な幼鳥 »

オオタカ   背後から失礼

 ツツドリを探して桜並木を歩いていると、河原の大きな柳の樹木の枯れ枝に猛禽のすがた。

Otk1

 双眼鏡で覗いてみるとオオタカの幼鳥のようである。さっそく夜露に濡れた土手を降りてその樹木に近づく。

Otk2

 この斜面は気を付けないとよく滑ることがあるので、気は急くのだがここは慎重におりることが肝要。

Otk3

 ニセアカシアの樹林帯を抜けると河原が開けるが、ここで一気に出ると飛ばれてしまうので樹木の葉陰から証拠の数ショットを撮っておく。

Otk4

 背中を見せているので気が付かれないように叢を進む。幸いに河原の草丈も高いのでかなり近くまで接近できる。

Otk5

 それでも鋭いまなざしで振り返っては警戒している。子供のころ遊んだ「だるまさん転んだ」の雰囲気で接近する。ここが限界かというところでカメラを構えると、案の定飛び出してしまった。残念ながら飛び出しも背を向けてのショットであるが、納得することにしよう。

« ツツドリ    最後のあいさつ | トップページ | ハヤブサ   元気な幼鳥 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オオタカ   背後から失礼:

« ツツドリ    最後のあいさつ | トップページ | ハヤブサ   元気な幼鳥 »