野鳥たち

  • オオソリハシシギ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« メジロ    レストラン「クマノミズキ」 | トップページ | ツミ   南下を忘れた? »

メジロガモ   羽ばたきを見せて!

 メジロといわれると普通は目の周りの白いアイリングの鳥を連想する。メジロガモと聞いた時にはそんなイメージで姿を連想した。メジロが出たのでメジロガもを!

Mjg11

 ところが実際に遭遇してみるとなんと目の虹彩が白いのである。遠くで見るとその白さが目立つので、他のカモ類の中にいてもわかりやすいのはうれしい。

Mjg12
      白いパンツちゃんと履いてるよ    

 しかしこういう場面に接すると、鳥の名前の付け方は統一性がないなと、再び思ってしまうのである。

Mjg13

 目の赤いミヤコドリなどはメアカとは言わない。ミヤコドリは嘴も足も赤いのでこれこそメアカとでも呼んだら、命名者は褒められるかもしれない。

Mjg14

 そういう観点から見るとメジロガモはお尻も白くお腹も白く、羽を広げて羽ばたきをするとそれがよくわかる。羽ばたいてみて!と思わず心の中で叫んでしまう。

Mjg15

 後ろから見るとお尻の白さがよくわかり、立ち上がって羽ばたくとおなかの白いパンツがよく見える。

Mjg16

 背中の白いところも見たいと思っていたら、背を向けて羽ばたいて見せてくれた。人気者だと自覚しているのかそのパフォーマンスは見事である。

Mjg17
      「恥ずかしい」って言ってるのかどうか?

 ギャラリーが少ないと羽に顔をうずめて一休みの体制に入ってしまうが、カメラを持った人が増えると動き出して存在感をアピールする。

Mjg18
      「ついでだからこっちも見て!」

 公園でメジロを見ていてメジロガもを思い出してしまった回顧録である。

« メジロ    レストラン「クマノミズキ」 | トップページ | ツミ   南下を忘れた? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: メジロガモ   羽ばたきを見せて!:

« メジロ    レストラン「クマノミズキ」 | トップページ | ツミ   南下を忘れた? »