野鳥たち

  • オオソリハシシギ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« ツミ   南下を忘れた? | トップページ | ノゴマ  Ⅱ   草鞋を脱いでゆっくりと »

ノゴマ  喉元日の丸のさえずり

 秋の長雨を一気に吹き飛ばしたかのような大型台風の通過、各地に大きな被害をもたらしてはいるが、久しぶりの青空を見せてくれた。

Ngm11

 朝の通勤電車で渡る河川はどこも満水の濁り水が流れ、河川敷の公園をすっかり川にしてしまっている。

Ngm112

 かなりの雨が降ったようである。天気予報では関東地方には早朝の上陸といわれていたので、通勤を心配していたがそうでもなかった。

Ngm12

 台風の前の長雨の合間をぬってノゴマにあいに行ってきた。いつもは土手下の藪の中にいてなかなか姿を見せてくれないが、雨上がりにその枝の上に赤い喉元の姿を見せてくれた。

Ngm14

 結構サービスがよく藪の緑の葉の高いところでポーズをとって、赤い喉元の日の丸を見せ、大きな口を開けてさえずりを聞かせてくれる。

Ngm15

 この時季だからさえずりではなく単なる鳴き声なのか、結構大きな声で聞こえてくる。ノゴマのさえずりはあまり聞いたことがないので、なぜか新鮮に聞こえる。

Ngm16

 この台風一過の秋晴れの青空の下で聞くことができたら、素晴らしかっただろうと思いつつ青空を見上げているところである。

 

 

 

« ツミ   南下を忘れた? | トップページ | ノゴマ  Ⅱ   草鞋を脱いでゆっくりと »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ノゴマ  喉元日の丸のさえずり:

« ツミ   南下を忘れた? | トップページ | ノゴマ  Ⅱ   草鞋を脱いでゆっくりと »