野鳥たち

  • オオソリハシシギ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« アオゲラ   久振りの姿 | トップページ | ヤマガラ   木の実の貯蔵 »

ミサゴ   やっと獲物を

 河原の上空を通り過ぎるだけで獲物を捕って見せないミサゴは、定位置に止まってじっと動かない。

Photo

 しびれを切らして目を離すとその隙に上流に向かったようである。それでも川面に眼を落しながら飛んでいるので、獲物をねらってはいる。

Photo_2

 しばらく待っていると曇り空の中を上流方向から、悠々と飛んでくるのはミサゴである。目の前の流れは人がいなく、あいているのでここでのダイブを期待する。

Photo_3

 この河川のアユ釣りは10月中ごろまで解禁になっているらしいので、河の中には長いゴムのズボンをはいた人たちがいっぱい入っている。

Photo_4

 これではミサゴもなかなか飛び込むことはできない。そんな中でも今日はその人たちは少ないので期待するところである。

Photo_5

 よく見ると上流から来たミサゴの足には、なにか魚を掴んでいるように見える。漁に成功して戻ってきたようである。

Photo_6

 なぜかその表情には得意さが見える。見てくれと言わんばかりであるが、その割には獲物は小さく見える。

Photo_7

 目の前での飛び込みは見られなかったが、獲物を掴んだミサゴをやっと見ることができた。これからの落ちアユは大きいのも期待できるので、鮎漁の解禁終了後にダーウィンポーズも期待したいところである。

 

« アオゲラ   久振りの姿 | トップページ | ヤマガラ   木の実の貯蔵 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ミサゴ   やっと獲物を:

« アオゲラ   久振りの姿 | トップページ | ヤマガラ   木の実の貯蔵 »