野鳥たち

  • オオソリハシシギ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« カワセミ    原点回帰 | トップページ | オオタカ    幸運な出遭いの樹木 »

イカル   針葉樹も好き

 最近の朝の冷え込みは、頬がきりっとして気持ちの良い感じがする。それも風がないからでこれに風があるとそんなことは言ってられない。

Ikr1

 公園の落葉樹は葉をそれぞれの演出する色に染めて、朝陽が当たり始めたそれは、今が真っ盛りといわんばかりにきれいな散り際の輝きを見せている。

Ikr5
      ユリノキの実が好物

 終活を考える年になると、人生もこんな散り方ができればいいなと考えるようになる。だけども、今までそういう生き方をしてきたのかと自問自答する。

Ikr2
       きれいに口を拭って

 落ち葉を踏みしめながら公園の散策路から寒い朝の青く晴れ渡った空を見上げると、朝陽に羽を光らせながら飛んでくる野鳥の群れ。

Ikr11
       食休みは高いところで

Ikr14

 期待のアトリかなと思いながらファインダーからのぞくと、イカルの集団である。近くのユリの木の実を狙っているらしい。

Ikr15 

 ユリノキに取りついていると、留鳥のヒヨドリが縄張りを宣言しにやってくるので、そのたびにこの針葉樹の天辺に避難しているようである。

Ikr16

 そんな邪魔者を避けながらユリノキに取りついてしばらく食べて、近くの常緑樹に飛んで食休みをしてからまた旺盛な食欲を見せる。今シーズンイカルの最初の群れとの出遭いの場面であった。

 

 

« カワセミ    原点回帰 | トップページ | オオタカ    幸運な出遭いの樹木 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: イカル   針葉樹も好き:

« カワセミ    原点回帰 | トップページ | オオタカ    幸運な出遭いの樹木 »