野鳥たち

  • オオソリハシシギ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« コハクチョウ   安眠妨害か? | トップページ | 謹賀新年   2018年の夜明け »

ハジロカイツブリ   真っ赤な目が魅力的

 満潮の干潟を歩いていると水鳥の姿は少ない。干潮までには数時間かかるので、干潟の周りを歩いてみる。

Hjrk1

 底が見える澄んだ水の中には大きな魚が見える。そこに通りかかったキックボードの小さな子供とおばあちゃん。

Hjrk2

 干潟を覗き込んだ小さな子供が「おばあちゃん大きな鯉がいるよ」と手招きすると、自転車に乗ったモダンなおばあちゃんは、「ここには鯉がいるはずがないよ」と水中を見る。

Hjrk3

 自転車を降りてその姿を見たおばあちゃんは、「あれはボラだよ」と教えていた。なるほどここは池のように見えるが、干潟だから海水が流れこんでいるんだものと、改めて認識したものである。

Hjrk4

 三世代同居が見直されている昨今、おばあちゃんの知恵は侮れないなと思うこのごろである。

Hjrk5

 そんな水面に顔を出したのは真っ赤な目をしたハジロカイツブリである。夏羽の繁殖羽はきれいだが、冬羽の真っ赤な目も魅力的である。

 

« コハクチョウ   安眠妨害か? | トップページ | 謹賀新年   2018年の夜明け »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハジロカイツブリ   真っ赤な目が魅力的:

« コハクチョウ   安眠妨害か? | トップページ | 謹賀新年   2018年の夜明け »