野鳥たち

  • オオソリハシシギ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« カラムクドリ  Ⅱ   あいにくの空 | トップページ | ムクドリ   タダムクと言わないで »

ツグミ     冬の訪れ

 晩秋も過ぎると冬鳥の到来が待ち遠しくなるが、ツグミの姿を見ると本格的な冬鳥のシーズンになったなと思う。

Tgm1

 河原を歩いていてもツグミの姿を見ると、懐かしくなりレンズを向けるが、どこにでもその姿を見るようになると冷たいものである。

Tgm2

 「ああ、ツグミか・・・」となる。それでも今が盛りのピラカンサに取りついていると、何とか絵になる光景である。

Tgm3

 「本命はあなたではないよ!」と言いたいところであるが、一応警戒心を持ちながら赤い木の実を嘴に銜えている。

Tgm4

 このピラカンサの実は、赤くなりはじめたころはまずい木の実で苦いとか言われている。ところがある時期になると、鳥たちが喜んで食べている。

Tgm5

 なぜかと調べてみたらある程度熟してくると、その苦味がとれて美味しくなるのだという。その時季を鳥は知っていて食べに集まってくるようである。鳥は賢いとみなおしたところである。

« カラムクドリ  Ⅱ   あいにくの空 | トップページ | ムクドリ   タダムクと言わないで »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ツグミ     冬の訪れ:

« カラムクドリ  Ⅱ   あいにくの空 | トップページ | ムクドリ   タダムクと言わないで »