野鳥たち

  • オオソリハシシギ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« メジロ   ムラサキシキブと共に | トップページ | ジョウビタキ♂   まだ警戒心で距離が »

イカル   見事な飛翔

 昨シーズンは雲一つない秋の青い空を見上げると、かなりの数のアトリの群れが飛び回っていた。

Ikr22
       さあ飛ぶぞ!

Ikr23

 各地からはそのアトリの飛来の話を聞く。わが公園では今シーズンはどうかなと見上げるが、その気配はなく青空に飛ぶ群れはイカルの集団である。

Ikr231

 鳥の飛翔姿では猛禽類は一羽でも迫力があって見ごたえがあるが、その点小さな野鳥たちは大きな群れで飛んでくれるとうれしい。

Ikr27

 この公園にはたくさんの美味しい木の実があるらしく、昨日と同じ場所に行くと同じようにイカルの大きな群れがユリノキにいる。

Ikr28

 イカルの枝から枝への飛び移る姿はよく目にすることはあるが、大きく羽ばたいて飛翔するところはなかなかファインダーに収まってくれない。

Ikr29

 見上げると針葉樹の高いところで休んでいるので、今回はよいチャンスとばかりに、そのうちに飛び出すだろうと待ってみることにした。

Ikr24

 飛び出すときは一斉に飛び出すので、どれかに焦点を絞っておかないとその姿をうまく追跡できない。

Ikr25
       気持ちよく飛んでいる姿はうらやましく思う・・・・・・翼をください ~♪

Ikr26

 背景は青空なので申し分ないが、あとはカメラで狙ってる人の腕次第というところか、手持ちで待っているので機材の重さがこたえる。頭の中で自問自答しながらのイカルの飛翔観察である。

 

 

 

« メジロ   ムラサキシキブと共に | トップページ | ジョウビタキ♂   まだ警戒心で距離が »

早朝散歩」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513775/66096772

この記事へのトラックバック一覧です: イカル   見事な飛翔:

« メジロ   ムラサキシキブと共に | トップページ | ジョウビタキ♂   まだ警戒心で距離が »