野鳥たち

  • オオソリハシシギ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« カラムクドリ   ピラカンサと共に | トップページ | ツグミ     冬の訪れ »

カラムクドリ  Ⅱ   あいにくの空

 人間というものはわがままで、天気がよく陽が当たると暑いとかまぶしいとか、また雲が多ければ寒いとか暗いとかいうものである。

Krmk11

 写真の場合も天気が良すぎると、コントラストが強すぎて色がよく出なかったりする。そうかと言って曇りでも空抜けになって色がきれいに出ない。

Krmk12

 鳥の写真の場合は程よい明るさで太陽が雲に隠れて、背景がしっかりして抜けていると羽の色がよく出る。

Krmk13

 今回の天気はあいにくの暗い曇り空で、そのカラムクドリは見上げる枯れ枝に止まる。そこから下にあるピラカンサの実に取りつくのである。

Krmk14

 全身をきれいにファインダーに収めたいと思うが、上の枝に止まっているときは、背景が空抜けになってしまい、赤い実を啄むときはその木の中に入ってしまう。

Krmk15

 思うように被写体になってくれない。そこは腕でカバーすべきであるが、その腕もないので与えられた場面で最善を尽くすしかないのが現状である。

 

 

« カラムクドリ   ピラカンサと共に | トップページ | ツグミ     冬の訪れ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カラムクドリ  Ⅱ   あいにくの空:

« カラムクドリ   ピラカンサと共に | トップページ | ツグミ     冬の訪れ »