野鳥たち

  • オオソリハシシギ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« アオゲラ    ヒヨドリに睨まれて | トップページ | キジ    早朝のびっくり »

ルリビタキ   梅はまだかいな

 朝夕の冷え込みは厳しいが、冬至も過ぎると夕暮れがだんだん遅くなる。そんな陽気でも晴れた日には昼間の陽の暖かさが背中に心地よい。

Photo_6

 公園の擬木でできた階段を歩くと梅の木がたくさんある傾斜地に出る。ここには今シーズンは二羽のルリビタキのオスが入っている。

Photo_7

 3年目ぐらいか結構ブルーが鮮やかできれいなオスである。最近は、サービスよくまだ蕾が固い梅の木に止まってくれる。

Photo_8

 この梅畑も「桜切る馬鹿、梅切らぬ馬鹿」といわれるが。梅の枝の剪定は全く行われていない。

Photo_9

 細かい枝が伸び放題でかたちとしてはあまりよくない。できれば花が咲くまでに、きれいなルリビタキがいるので、細かい枝を剪定して枝を整えたいものである。

Photo_10

 そんな梅の枝に止まったルリビタキは、固い蕾を見ながらもう少しで甘い香りが楽しめるんだねと、待ち遠しく覗き込んでいる開花待ちの姿である。

 

 

« アオゲラ    ヒヨドリに睨まれて | トップページ | キジ    早朝のびっくり »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ルリビタキ   梅はまだかいな:

« アオゲラ    ヒヨドリに睨まれて | トップページ | キジ    早朝のびっくり »