野鳥たち

  • オオソリハシシギ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« ルリビタキ   幸せの青い鳥 | トップページ | キマユムシクイ   青、赤の次は黄色か »

ベニマシコ   青の次は赤

 ぐっと冷え込んだ早朝の河原を歩くと、冷たい北風が土手下から吹き上げる。頬をなでるその冷たさはちょっとした緊張感を与えてくれる。

Bnm1

 年末にも赤い顔をしたサンタさんがプレゼントをしてくれたが、年明けには青い鳥が幸せを運んでくれた。

Bnm2

 今年も一年間良い鳥見ができそうである。朝霧の立つ土手下の湧水池の上を歩くと東の空からは遅い朝陽が昇り始める。

Bnm3

 指先だけが自由に使える手袋をしていると、その指先だけが冷たくなっているのを感じる。

Bnm4

 最近は背中に貼るカイロをつけてバックパックを背負っているので、程よいぬくもりで心地良いが、指先は厳しい寒さに動きも鈍い。

Bnm5

 それでも野鳥たちの動きに遅れまいと連写音を響かせる。その音が耳に入るのが楽しみの一つでもある。

Bnm6

 そんな中最近人気のミラーレスカメラは、その心地よい連写音がなくかなり性能が良いらしい。季節ごとにやってくる鳥たちの姿は変わらないが、それを狙うカメラの進歩は目覚ましいものがある。今年も機器に恥じないような作品を生み出したいものである。

« ルリビタキ   幸せの青い鳥 | トップページ | キマユムシクイ   青、赤の次は黄色か »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ベニマシコ   青の次は赤:

« ルリビタキ   幸せの青い鳥 | トップページ | キマユムシクイ   青、赤の次は黄色か »