野鳥たち

  • オオソリハシシギ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« ベニマシコ    伴侶を見つけて | トップページ | ヒヨドリ    本命いなく主役に »

キマユムシクイ   ムシクイの柿食い

 ムシクイという名前をもらっているので、虫だけを食べるのかと思っていたら、熟した柿をおいしそうに食べている。

Photo

 さすがに寒の入りだけあって寒い朝、日の出前からキマユムシクイを待つことにした。防寒は背中に貼るカイロで万全かと思いきや。

Photo_2

 じっと動かないで待っていると、冷え込んだ寒気でさすがに寒い。7時を過ぎると太陽が昇って来て、その陽ざしが暖かくありがたい。

Photo_3

 画像のためには本来は強い陽ざしがないほうがいいのだが、典型的な冬型の気圧配置になり関東地区は晴れの予報である。

Photo_4

 低い位置から出る冬の朝日は、狙っているキマユムシクイが出るところには、逆光になるのであまり歓迎はしないのだが、寒さを考えると痛しかゆしである。

Photo_5

 主人公の登場はギャラリーが少なかったせいか、いつもの出勤時間より遅れている。それでも人が多くなるといつものように姿を見せてくれた。

Photo_6

 最近の行動は、最初に柿の実を食べてから隣のヒバの大樹に入る。この柿の木はヒヨドリが縄張りとしていて、他の鳥たちが入ってくるとすぐに追い出しにかかる。

Photo_7

 そんなわけでキマユムシクイも追い払われることが多いが、今回はうまくその間隙をぬって柿の実にありついている。熟したおいしそうなところを、ホバリングをしながら口にしているムシクイの柿食いの風景である。

 

 

 

 

« ベニマシコ    伴侶を見つけて | トップページ | ヒヨドリ    本命いなく主役に »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: キマユムシクイ   ムシクイの柿食い:

« ベニマシコ    伴侶を見つけて | トップページ | ヒヨドリ    本命いなく主役に »