野鳥たち

  • オオソリハシシギ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« カシラダカ   絶滅危惧種? | トップページ | ルリビタキ   梅はまだかいな »

アオゲラ    ヒヨドリに睨まれて

 陽のあたり始めた朝の公園、少し前紅葉を楽しませてくれたモミジの木、葉がすっかり落ちてしまったその木にアオゲラがやって来た。

Aogr1

 樹液を吸うべくモミジの木の皮に嘴を差し込んで、頭を右左に傾けながら夢中になっている。そんなところに背後からほかの鳥が接近しても気が付かない。

Aogr2

 アオゲラの近くの枝に静かに止まったのはヒヨドリである。ヒヨドリは意地悪っぽくその姿を横目で見ながら、「何をしとるねん」と聞いたかどうかはわからないが、そんな雰囲気である。

Aogr3

 なぜにヒヨドリが西の方の言葉の訛りがあるのかも定かではない。目つきを見るとそんな感じがしただけである。

Aogr4

 当のアオゲラは背後にその目を感じながら樹液を吸っていたが、どうも気分が悪い。「ヒヨ君、向こうに行ってよ・・・」と言いたげなまなざしを向ける。

Aogr5

 それでも居座るヒヨドリ、人の世界でも見られそうな光景であるが、業を煮やしたアオゲラはヒヨドリを後目に飛び出したのである。

 

« カシラダカ   絶滅危惧種? | トップページ | ルリビタキ   梅はまだかいな »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アオゲラ    ヒヨドリに睨まれて:

« カシラダカ   絶滅危惧種? | トップページ | ルリビタキ   梅はまだかいな »