野鳥たち

  • オオソリハシシギ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« キジ    早朝のびっくり | トップページ | アトリ    ひょんなところで »

ヒヨドリ   ネズミモチの奪い合い

 天敵のいない公園では、ヒヨドリが警戒心もなく大威張りでネズミモチを食い漁っている。

Hiyo11
          ここは僕の見つけた場所だぞ!

 ネズミモチという名前だけから連想すると、あまり美味しい食べ物ではないと思ってしまうが、そうでもないらしい。

Hiyo12
                 向こうに行けよ!

 中国では「女貞子」と言って薬草の一種で、若返りの妙薬と言われている。日本ではその実の形がネズミの糞に似ているところからネズミモチと呼ばれているらしい。

Hiyo13
                おーっやる気か?    まずい雰囲気だな!

 かろうじてモチとついているので少しは救われるが、見た目ではネズミの糞を想像してしまう。そうであればもう少し美味しそうな、良い名前を付けてもよかったのではと思う。

Hiyo14
         ちょっと待てよ、仲よく食べようぜ!

 その実の味はかじると苦いといわれているが、まだ試したことはない。日本でもお茶にして飲んでいる人もいるようである。

Hiyo15
         そうだよみんなで仲良く食べて、長生きしよう!

 東洋医学の発祥地中国では、胃腸を元気にして、肝臓、心臓、脾臓、肺臓、腎臓の五臓を安らかにし、心の療養をし、あらゆる病気を取り除く不老長寿の妙薬とされている。

Hiyo16
          妙薬はこうしてゆっくり食べるもんだよ!

 そんな効能のあるネズミモチは公園を歩くといたるところにある。鳥たちもその実の旬を知っているので、おいしく食べられる時期になると一気になくなってしまう。

Hiyo17
        食事の後は水を飲んで消化を良くしないとね!

 この次は鳥たちに負けないで、不老長寿にあやかりたいものである。そんなに長生きをしてどうするんだという声も聞こえてきそうだが、かつての中国の英雄はその妙薬を求めて領土を広げてきた歴史もあるように聞いている。

 

 

« キジ    早朝のびっくり | トップページ | アトリ    ひょんなところで »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヒヨドリ   ネズミモチの奪い合い:

« キジ    早朝のびっくり | トップページ | アトリ    ひょんなところで »