野鳥たち

  • オオソリハシシギ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« 第五回 「多摩の野鳥たち」 無事終了の御礼 | トップページ | アリスイ    雪で蟻が見つからない »

タヌキ   雪原の見返り

 雪が降ると喜ぶのは子供か犬ぐらいだろうと思っていたが、月曜日に降った雪が週末まで残っているかなと、心配する子供心に還った自分がいる。

Tnki1

 子供のころは雪の朝がたのしみであった。雪は音を吸収するので、窓を開けては積もりゆく静かに降り続く雪を眺めたものである。

Tnki2

 白い雪に赤い鳥を期待して早朝の河原を歩く。誰も歩いてない雪に足跡をつけながら歩くのも楽しみの一つである。

Tnki4


 その足音に反応した動物が目の前の藪にいる。静かに待っていると、ノソリノソリと姿を見せたが、きれいなすがたのタヌキである。

 正面からまじまじと見ると結構かわいい顔をしているが、タヌキに関する言葉を思いだしてみると、あまりよく言われていない。

Tnki3


 まず思い出すのは 「狸寝入り」 「狸から上前」 「捕らぬ狸の皮算用」 「狐七化け狸は八化け」 「狐と狸の化かし合い」 「犬一代に狸一匹」 「狐をもって狸と成す」などである。

Tnki5

 どの言われも決してほめ言葉にはならない内容であるが、見返りの姿の光る眼を見ると、なぜそんなに悪者になってしまったのと、聞いてしまいたい雪の出遭いであった。

« 第五回 「多摩の野鳥たち」 無事終了の御礼 | トップページ | アリスイ    雪で蟻が見つからない »

コメント

管理者さんこんにちは

撮りたい素晴らしいショットですね!
先日狙いましたがフラれました。゚゚(´O`)°゚

2018年にかわってからまだ野生動物に会えてません(苦)
寒さで粘りが1時間程度になってしまうせいもあるのですが?(ノ_-。)

今週末の雪はまた降るのですかね?ノーマルタイヤはまた動けなくなっちゃいます~

>タヌキに関する言葉を思いだしてみると、あまりよく言われていない。

↑↑とありましたが、狸縁起の「他抜き」と言う言葉も他を抜きさって伸上がるイメージで自分はあまり好きではありません?(笑)

今週末も雪が降らなければ狙いに行きたいですm(_ _)m


STNさんいつもありがとうございます。
幸いにきれいな狸と眼があってしまいました。「狸おやじ」とも言われますが、良くとれば良いイメージですが、どうも悪者にされますね。
眼を見てるとそんな雰囲気はないんですが?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: タヌキ   雪原の見返り:

« 第五回 「多摩の野鳥たち」 無事終了の御礼 | トップページ | アリスイ    雪で蟻が見つからない »