野鳥たち

  • オオソリハシシギ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« ハイタカ    目の前を横切って | トップページ | イカル   河原で »

アリスイ    朝食の邪魔を

 雪が何度も降った河原は、大きな草や枯草でできた空洞などが潰されて歩きやすくなっている。その上鳥たちの姿も見やすくなっているのでありがたい。

Arsi00

 大雪の前の叢を歩くと、時々大きな深みがあったりして足をとられることがある。ひどい時には膝まで潜ってしまうこともある。

Arsi0

 今まではそんな河原の藪漕ぎ状態のところもすんなりと歩けるのは、大雪のお蔭かなと思いながら歩を進める。

Arsi01

 草を踏みしめて歩く足音に驚いたのか、数羽の鳥たちが飛び出した。樹木の高いところにとまったのは数羽のイカル。

Arsi1

 

 ところがその樹木の低い横枝に見慣れぬ姿の鳥の姿がある。よく見ると背中の蛇模様はアリスイではないか。

Arsi2

 背中を見せているので少し近づくことができた。警戒しながら後ろを振り向く嘴には汚れが見える。

Arsi3

 朝食中を驚かせてしまったようである。枯草の保護色に近い姿のアリスイは、目も小さくてお世辞でも美男美女とは言えない。

Arsi4

 広い河原の叢でこのような外見の鳥を探すのは至難である。鳴いてくれるか飛んでくれれば見つけやすいが、この時期はあまり鳴き声を聞かせてくれない。

Arsi5


 そんなわけでなかなか出遭いの機会が少ないのでうれしい場面である。こういうハプニングがあるから人の少ない早朝散歩が楽しみなのである。

 

« ハイタカ    目の前を横切って | トップページ | イカル   河原で »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アリスイ    朝食の邪魔を:

« ハイタカ    目の前を横切って | トップページ | イカル   河原で »