野鳥たち

  • オオソリハシシギ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« ツグミ   タンポポに郷愁を | トップページ | ハヤブサ   断崖絶壁の恋 »

コジュケイ   知らぬが仏

 早朝の公園を歩くと、少しひんやりとしたさわやかな空気が心地よく感じる。若葉が日増しに大きくなって、森の中の見上げる樹木の視界もだんだん遮られてくる。

Photo_25

 冬の間は、見通しの効いた公園の樹木の間から見た東屋も見えなくなり、鳥の姿を探すのも、鳴いてくれるか飛んでくれないと見つけるのが難しくなる。

Photo_26

 この広い公園を一回りすると約7、000歩になる。起伏が多いので歩くのは大変であるが、健康にはよく有酸素運動の手助けになる。

Photo_27

 ただきついのは起伏が多いばかりでなく、滑りやすく上り下りが多いのが難点である。でもそれが足腰を鍛えるには良い運動になると慰めている。

Photo_28

 プラスチックで作られた擬木で土留めをした階段を上っていくと、目線を上げたところにコジュケイがいる。

Photo_29

 後ろ姿で採餌をしているので、背後にいるレンズの目には気が付かないようである。よく見るとペアーなのか二羽の姿がある。知らぬが仏といわれるが、早朝の仲良し採餌の場面の盗み見である。

 

« ツグミ   タンポポに郷愁を | トップページ | ハヤブサ   断崖絶壁の恋 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コジュケイ   知らぬが仏:

« ツグミ   タンポポに郷愁を | トップページ | ハヤブサ   断崖絶壁の恋 »