野鳥たち

  • オオソリハシシギ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« アカハラ   旅立ち? | トップページ | キジ    鳥なのに走りが得意 »

イカルチドリ   飛翔

 春の石ころがごろごろしている河原には、鳥たちが営巣していることが多い。河原の石に擬態しているので、鳴いてくれるか飛んでくれないとわからない。

Photo_2

 知らないで河原を歩いていると、足元から飛び出すことがある。コチドリやイカルチドリである。

Photo_3

 今朝も突然飛び出したのはイカルチドリである。低く飛んでは距離を測って、先の水のあるところに降りる。

Photo_4

 少し近づくと、今度は高く飛び回って遠くに行くわけでもなく、再び近くに降りてくる。さては近くで営巣かと見回してみる。

Photo_5

 晴れた河原の石ころとイカルチドリの姿は、よく見ないと見分けがつかない。今の時季だからどこかに営巣地があるはずである。

Photo_6

 「ピッピッピッピッピッ・・・・・・」とと鳴きながら近くを飛び回るのでそのあとを追いかけるが、なかなかそれを撒くのもうまい。

Photo_7
          青空を気持ちよさそうに!

Photo_8

 ただ飽きないのは、チョコチョコと小走りに歩いては、ピョコンと頭を下げるしぐさが面白い。それでも飛翔スタイルは、キビキビとしていてきれいに見せてくれるのである。

 

 

« アカハラ   旅立ち? | トップページ | キジ    鳥なのに走りが得意 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: イカルチドリ   飛翔:

« アカハラ   旅立ち? | トップページ | キジ    鳥なのに走りが得意 »