野鳥たち

  • オオソリハシシギ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« ハヤブサ   断崖絶壁の恋 | トップページ | キジ    春はのどかに »

ハヤブサ  Ⅱ   獲物を隠して

 小さな体で健気に働くオスを待っているのは、少し大きめのメスである。空中餌渡しを待っているが、じっと待つメスの下へ。

Hybs41

 こんな光景を見ていると、人間の世界でも現実に身近にありそうな風景である。オスは獲物を持ってくると、休む間もなく飛び出していく。

Hybs42

 近くの岩場ではイソヒヨドリのきれいなさえずりが聞こえる。ここからは逆光になるので、帰り際にファインダーにと考えて眺める。

Hybs43
          脚には生々しい赤いものが!

 ハヤブサの足下なのに、よく高い岩の天辺で囀っているなと、少し心配になってくる。なぜなら渡りの時期には、ヒヨドリの大群に飛び込むハヤブサの姿が良く映像になっているからである。

Hybs44

 山側から獲物を掴んで勇ましく帰ってきたハヤブサのオスは、しばらく高い枝で休んでいたかと思うと、海に向かって勢いよく飛び出していった。

Hybs45

 どこに行くのかと追ってみると、やや逆光気味の海上を沖に向かっている。見えなくなったと思ったら、いつの間にかこちらに向かってくる姿がある。

Hybs46

 その足には何か掴んでいるように見えるが良く見えない。上空を通り過ぎて一旦崖の上に入ったかと思うと、再び飛び出して断崖絶壁にある穴状のところに入って、獲物を隠したように見える。食欲旺盛なメスのためのハヤブサオスの奮闘ぶりである。

« ハヤブサ   断崖絶壁の恋 | トップページ | キジ    春はのどかに »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハヤブサ  Ⅱ   獲物を隠して:

« ハヤブサ   断崖絶壁の恋 | トップページ | キジ    春はのどかに »