野鳥たち

  • オオソリハシシギ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« サンコウチョウ  Ⅱ  長い尾が自慢 | トップページ | キビタキ  メス   独り静かに »

ウグイス    いつまで囀るの

 最近の夜明けはずいぶん早くなって、朝も四時半というと明るくなってくる。それに連れて朝起きるのが早くなる。日が沈むと寝て、夜が明けると起きる自然人の生き方を踏襲している。

Ugis1

 早く起きると、雨が降っていない限り近くの公園に向かう。一日一万歩を目標にしているので、アップダウンのきつい公園の散策路を歩く。

Ugis2

 最近は気温も高くなってきているので、しばらく歩くと汗ばんでくる。その上山道は蚊などの虫が多くなるので、虫よけスプレーの世話になるが、汗で流れてしまう。

Ugis3

 朝の陽の木漏れ日の中、緑がさえる森では、早朝からウグイスの囀りが響き渡る。さえずりも、春先から比べると上手になって耳に心地よい。

Ugis4

 しかし、いつまでも囀っているということは、まだ相方が見つからないのか、上空には托卵を狙うホトトギスの鳴き声も大きくなってきた。

Ugis5

 そんなウグイスが朝陽を浴びたお立ち台で、喉を膨らませ大きな口を開けて、きれいなさえずりを聞かせてくれる。たくさんの鳥の声と、さわやかな森の緑を満喫している公園の散策路である。

« サンコウチョウ  Ⅱ  長い尾が自慢 | トップページ | キビタキ  メス   独り静かに »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ウグイス    いつまで囀るの:

« サンコウチョウ  Ⅱ  長い尾が自慢 | トップページ | キビタキ  メス   独り静かに »