野鳥たち

  • オオソリハシシギ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« キビタキ    再びの営巣を | トップページ | チョウゲンボウ   子育て中 »

センダイムシクイ   声はすれども

 「声はすれども、姿は見えず」とよく言われるが、センダイムシクイはそんな鳥の一種である。

Sedm11

 ウグイスなどもその類に入るかもしれない。樹木の細かい枝のところを動き回っては虫を捕っている。

Sedm12

 囀りを聞かせるのはその移動の合間に行っている。その時ちょうど良い枝ぶりや開けたところにいてくれると感謝である。

Sedm13

 特にこの新緑の時季は、日増しに樹木の葉が多くなって鳥の姿を隠してしまう。その葉につく虫を捕っているのだから無理もないが。

Sedm14

 頭上にいるセンダイムシクイは青葉で食事をした後、針葉樹で食休みというところか、あまり動き回らないで声を聴かせてくれている。

Sedm15

 それでも何か所かで鳴き声を聞きながら、やっと姿を見せてくれているので、やはり見つけにくい鳥なのだろう。

 

« キビタキ    再びの営巣を | トップページ | チョウゲンボウ   子育て中 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: センダイムシクイ   声はすれども:

« キビタキ    再びの営巣を | トップページ | チョウゲンボウ   子育て中 »