野鳥たち

  • オオソリハシシギ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« チョウゲンボウ   Ⅳ   獲物は誰に | トップページ | コチドリ   目立つ黄色のアイリング »

ツミ     無事に三羽の雛が

 抱卵中に餌渡しをしていた松の横枝に、最近ツミのオスの姿が見えないなと思っていたら、さらに高い柳の枝にその姿はあった。

Tum1
          ツミ ♂

 さては雛が孵ったので、雛の良く見える場所に移ったのだなと思い、久しぶりに営巣場所を覗いてみると、白い産毛の雛が動いている。

Tum2
          メスと雛

 くるりとした丸い大きな目と真っ白な産毛がかわいい。こちらを見ているのは二羽であるが、もう一羽は背を向けているようである。

Tum3
          三羽の雛

 子供たちの成長は早く、かわいく見えるのはこの時期だけで、もう一週間もすると産毛が抜けてかわいいというより猛禽の顔付になってくる。

Tum4
                ツミ ♀

 猛禽類の中では”雀鷹”と書くように一番小さな姿ではあるが、その精悍な目つきや嘴は、大型のそれには負けていない。

Tum5
          雛を見守る ♀

 無事に雛が孵ると、次には早く一人前になって、巣立ってほしいと思うのは親心で、鳥も人も同じである。

 

« チョウゲンボウ   Ⅳ   獲物は誰に | トップページ | コチドリ   目立つ黄色のアイリング »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ツミ     無事に三羽の雛が:

« チョウゲンボウ   Ⅳ   獲物は誰に | トップページ | コチドリ   目立つ黄色のアイリング »