野鳥たち

  • ノゴマ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« ヒバリ    のどかな囀り | トップページ | オオタカ    暁の雄叫び »

オオヨシキリ   緑の葦原で

 河畔の葦原を見下ろす土手どおりを歩いていると、緑濃い葦原から聞こえるのはうるさいほどのオオヨシキリの大合唱である。

Ooyk11

 上から眺めていると「声はすれども姿は見えず」の風景である。見上げると青空なのでその声は暑苦しさも感じさせる。

Ooyk111

 この時季、あの大きな口を開けて真っ赤な口内を見せてくれるので、それに魅せられてオオヨシキリを追いかけてしまう。

Ooyk13

 周りの緑の中に赤い口で、その上全身で囀る姿が痛ましい。こんな光景はミソサザイなども同じで、小さな体で大きな口を開けて全身で唱っている。

Ooyk14
          正面顔で睨まれてしまった!

 何事も全力で行っている姿は美しいもので、自然界の人も生物も同じ価値観になる。特にスポーツなどはその極みである。

Ooyk15

 スポーツと言えば最近の話題はすっきりしないアメフトであるが、ルールもよく知らない外部から見ていても、スポーツマンシップという言葉は死語なのかと思う。

Ooyk

 当事者のN大の学長、監督・コーチ、学生の三者三様の記者会見が行われたが、すっきりしたのは学生の会見だけである。

Ooyk17

 濃い緑の葦原で大きな口を開けて囀り続けるオオヨシキリは、ひたすら伴侶を求めての真実の告白をしているのだろうか?

 

« ヒバリ    のどかな囀り | トップページ | オオタカ    暁の雄叫び »

鳥見」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513775/66803470

この記事へのトラックバック一覧です: オオヨシキリ   緑の葦原で:

« ヒバリ    のどかな囀り | トップページ | オオタカ    暁の雄叫び »