野鳥たち

  • ノゴマ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« オオヨシキリ   ひたすら大きな口を | トップページ | ケリ    早苗の田んぼで »

ツバメ   休憩のところを

 ツバメの飛んでいる姿を見ると、いつ休憩するのかと心配するほど飛び続けることが多い。水を飲むのも、虫を捕るのも飛びながらである。

Iwtbm1

 たまに見るのは巣作りの時に、河原の湿った土を口に銜えている時ぐらいなものである。だからツバメのイメージは飛んでいる姿が多い。

Iwtbm2

 野山を歩いて汗をぬぐおうと、見上げた枯れた枝に姿を見せたのはツバメの幼鳥である。休憩中なのか数羽の姿がある。

Iwtbm3

 ツバメは燕尾服の尾が長く喉元が赤っぽいが、イワツバメは燕尾服にならないほど尾が短く喉元は白い。

Iwtbm4

 親子でいるのか見ていると若々しく見える。人間もそうだがいくら年をとっても、見た目若く元気で動いていたいものである。

Iwtbm5

 そしてツバメのようにいつ休むんだろうと思われるほど、動き回れることが理想なのかもしれない。ツバメを観察しながら、年を重ねた身を振り返っている森林の散策路である。

 

« オオヨシキリ   ひたすら大きな口を | トップページ | ケリ    早苗の田んぼで »

森林浴」カテゴリの記事

コメント

イワツバメではなくツバメの幼鳥ですね。

かめのすけさんありがとう御座います。足元がよく見えないのと、喉元が白かったので、イワツバメと決めつけてしまいました。ツバメの幼鳥に訂正します。
今後ともよろしくお願いします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513775/66796526

この記事へのトラックバック一覧です: ツバメ   休憩のところを:

« オオヨシキリ   ひたすら大きな口を | トップページ | ケリ    早苗の田んぼで »