野鳥たち

  • オオソリハシシギ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« コチドリ  Ⅱ   花がらみ | トップページ | チョウゲンボウ   食べ盛り »

コチドリ   Ⅲ   迷彩色の雛

 コチドリの行動を見ていると、どうも目の前に営巣場所があって雛がいるようである。それではと大きな草の陰に姿を隠して観察してみる。

Kcdr25
       注意をそらす♀

 そうするとオスは右手の河原に飛んでカムフラージュをして、メスは上流の土手の上に移動して注意をひいている。

Kcdr22
       左下にモフモフの迷彩色雛

 「偽傷をして巣を守る」と言われているコチドリだから、そのぐらいのことはするのだろう。親鳥も石ころの河原では保護色であるが、雛はさらに迷彩色である。

Kcdr23
       親の庇護のもとへ

 丈の高い草をブラインドにしてオスの様子を見てみると、近くからヨチヨチ歩きの雛がオスのもとに駆け寄っている。

Kcdr24
       二羽が入り込んでいる

 大きな石ころの間をうまく動いて、一羽は親鳥の翼の下に潜り込んだ。周りをよく見てみると迷彩色のもう一羽がよちよちと石ころの間を歩いている。

Kcdr26
             石ころの間に紛れ同化している雛

 これは動いていなかったら全く分からないほどの迷彩色で、砂礫地では目立たない姿である。

Kcdr28
       じっとして動かないので全く分からない雛

 親鳥と離れている時は、まったく動かずじっと小石に同化しているように紛れ込んでいる。動植物あらゆるものが、自分の生態系を繁栄させていく知恵なのだなと感心する場面である。

 

 

« コチドリ  Ⅱ   花がらみ | トップページ | チョウゲンボウ   食べ盛り »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コチドリ   Ⅲ   迷彩色の雛:

« コチドリ  Ⅱ   花がらみ | トップページ | チョウゲンボウ   食べ盛り »