野鳥たち

  • オオソリハシシギ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« ニホンサル    民家の屋根に | トップページ | アオバヅク   昼間なのに元気 »

ツミ    巣立ち

 梅雨の晴れ間だと思っていたら、梅雨明け宣言が出された。6月中の梅雨明けは観測史上初めてとか。

Photo
       巣立ち雛を気遣う♀

 私の経験上も初めてのような気がする。梅雨の時季、雨は雨で大変であるが、雨がないと農作物など農家では困ることがある。

Photo_2

 農家でなくても水源地の水は大丈夫かと心配になる。そうでなくても、長い夏をどう過ごそうかとも考えてしまう。

Photo_3

 毎朝駅までの通勤路で、ツミの営巣を観察してきたが、週末に三羽が巣立った。巣から離れた松の横枝に二羽、巣のすぐ近くに一羽の姿がある。

Photo_4

 やや離れた高い柳の木では、親鳥がその巣立ちを見守っている。オスは獲物を探しに出かけているらしく姿は見えない。

Photo_5
       

 そのうちに巣の一番近くにいた雛が飛びだして、頭上を飛び越えて少し離れた松の枝に移動した。

Photo_6
       子育てを終えて安堵の♀

 ほかの二羽は枝の上で体の向きを変えたりしながら、飛び出しの機会を狙っている雰囲気である。無事に三羽が巣立った地元のツミの一家であった。

« ニホンサル    民家の屋根に | トップページ | アオバヅク   昼間なのに元気 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ツミ    巣立ち:

« ニホンサル    民家の屋根に | トップページ | アオバヅク   昼間なのに元気 »