野鳥たち

  • オオソリハシシギ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« ホシゴイ    代役になるかしら? | トップページ | アオバト   Ⅱ   なぜ海水を »

アオバズク    猛暑に耐えて

 猛暑日の続く休日、目当ての鳥との出遭いを期待して山に向かう。この暑さでは山を歩く人も少ないので、それを除けば快適である。

Aobd21

 せめて鳴き声だけでも聞こえると暑さも少しは我慢できるのだが?それでも散策路を上りきったところは、高台で風通しがよく座っていると、汗が退いていく。

Aobd22

 しばらくその涼風に浸って鳥の姿の現れるのを待ってみたが、気配がないので他を探すことにして山を下りた。

Aobd23

 帰り際にアオバズクの様子を見てみようと高い樹木を見上げると、葉陰にかすかな姿らしきものが見える。

Aobd24

 順調に抱卵は進んでいるのだなと帰ろうとすると、良く見える枝に飛び出してきて大きな黄色の丸い目を向けて警戒しているようである。

Aobd25

 人は猛暑と言っているが、アオバズクは南の国で生活しているので、こんな暑さは慣れているのだろうか。

Aobd26

 この次に来るときにはたぶん親子の並んだ姿が見られるだろうことを期待して、汗を拭きながら静かに山を下ったのである。

« ホシゴイ    代役になるかしら? | トップページ | アオバト   Ⅱ   なぜ海水を »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アオバズク    猛暑に耐えて:

« ホシゴイ    代役になるかしら? | トップページ | アオバト   Ⅱ   なぜ海水を »