野鳥たち

  • オオソリハシシギ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« ツミ    巣立ち | トップページ | アオバヅク   Ⅱ   愛嬌をふりまく »

アオバヅク   昼間なのに元気

 すでに梅雨は明けているが、青葉の茂る梅雨のさなかにやってくるアオバヅク、今シーズンも例にもれずいつもところにやってきてくれた。

Aobd1

 見上げる大きな樹木の枝から、ひょうきん顔をのぞかせて出迎えてくれた。ペアーができて抱卵が始まっていれば、目をつむっているはずであるが、大きな目を開けて見下ろしている。

Aobd2

 その上、枝から枝へと飛び交っては、黄色の大きな目で周りを見渡している。メスの到着が遅くれているのか、振られてしまって独り身なのか。

Aobd3

 それにしてもよく動くアオバヅクである。ここに来る前に近くのアオバヅクを見てきたが、すでに営巣が始まったらしく、巣のあるところが見える位置で目をつむっていた。

Aobd4

 近くにカラスが来たりすると目を開けてくれるが、そのほかはほとんど目をつむっていることが多い。

Aobd5

 ところがここのアオバヅクは、黄色の大きな目を開けて元気に動いてる。見ている側はうれしいことであるが、繁殖を心配している鳥見である。

 

 

« ツミ    巣立ち | トップページ | アオバヅク   Ⅱ   愛嬌をふりまく »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アオバヅク   昼間なのに元気:

« ツミ    巣立ち | トップページ | アオバヅク   Ⅱ   愛嬌をふりまく »