野鳥たち

  • オオソリハシシギ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« アオバズク  Ⅱ   樹洞を気にするメス | トップページ | カワセミ    初心者マーク »

サンコウチョウ    落ち着いた抱卵

 サンコウチョウが渡ってきたばかりの森は、サンコウチョウもにぎやかに飛び回っていたが、それを見に来る人たちも多かった。

Photo_12

 ある営巣場所では、それを取り囲むカメラマンが鈴なりで、入梅間もないころ、小雨の中でもそんな光景が続いた。

Photo_13
          抱卵の交代を待つメス

 こんな状態では営巣放棄してしまうのではないかと心配になったが、愛と精神力の強いサンコウチョウのペアーは無事に子育てを終えた。

Photo_14
          「遅いな~ どこであぶらを売ってるんだろう?」

 本来であれば今頃が梅雨明けの時季であるが、その梅雨明けが異常に早かった今シーズン、その後は連日の猛暑。

Photo_15

 こんな暑い日々は森も静かになっているだろうと、久しぶりにサンコウチョウの森を訪ねてみた。

Photo_16

 予想通り休日にも拘わらず人の姿は少なく静かな森で、鳥たちの鳴き声も心なしか少ないように感じた。

Photo_17

 そんな森に聞こえたサンコウチョウの声、見上げると長い尾がシルエットで見える。散策路のわきにあるまっすぐ伸びた杉の薄暗いところで営巣をしている。ひところの騒ぎは収まって、静かなサンコウチョウの抱卵の姿がそこにあった。

 

 

 

« アオバズク  Ⅱ   樹洞を気にするメス | トップページ | カワセミ    初心者マーク »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サンコウチョウ    落ち着いた抱卵:

« アオバズク  Ⅱ   樹洞を気にするメス | トップページ | カワセミ    初心者マーク »