野鳥たち

  • ノゴマ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« アオバヅク   Ⅱ   愛嬌をふりまく | トップページ | アマサギ     かろうじて亜麻色 »

アオバヅク   Ⅲ   大きな目

 フクロウやミミヅクは夜行性で夜も目は良く見えるといわれているが、子供ころ、鳥目と言われて鶏は夜は目が見えないんだと教わったことがある。

Aobd31

 そういわれてみれば、鶏は夜になると止まり木にとまって、体を寄せ合って眠っているように見えた記憶がある。

Aobd32

 鳥に興味を持ってからいろいろ調べて見ると、鳥の視力は人間の6倍~10倍と言われている。

Aobd33

 鳥によっては渡りの移動は夜に移動することがあるとも言われている。確かに人間の視力の10倍からあれば、夜でもかなり見えることになる。

Aobd34

 闇夜のカラスなどとも言われるが、月夜であれば鳥にとっては人間の昼間と変わらない視界なのかもしれない。

Aobd36
          黄色に輝く大きな目

 見上げる目の前で遊んでいる大きな目をしたアオバヅクは、そんな視力をもっているのかと感心しながら観察している鳥見人である。

 

 

« アオバヅク   Ⅱ   愛嬌をふりまく | トップページ | アマサギ     かろうじて亜麻色 »

鳥見」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513775/66893694

この記事へのトラックバック一覧です: アオバヅク   Ⅲ   大きな目:

« アオバヅク   Ⅱ   愛嬌をふりまく | トップページ | アマサギ     かろうじて亜麻色 »