野鳥たち

  • オオソリハシシギ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« オオタカ幼鳥  Ⅲ  目つきは一人前? | トップページ | カルガモ     大家族で »

アオサギ   見事な捕食

 八月に入ったというのに梅雨明けが早かったり、猛暑日が長く続いたせいか、夏をかなり消化したような気分になる。

Photo

 子供のころの夏は、30度を超えると暑い日になるんだなと構えたものであるが、ニュースなどで朝の気温は30度だと聞くと、少し涼しい朝なんだと思ってしまう。

Photo_2

 暑い夏は涼しい早朝に行動して昼前には家に戻り、シャワーを浴びてゆっくりするのが賢明な過ごし方だと思う。

Photo_3

 涼しいうちに河原を歩いてみようと、支流の川の土手を下流へと歩を進める。静かな水の流れには、カワセミやカルガモ、サギ類の姿が見える。

Photo_4

 水の流れに逆らって立っているアオサギを見ていると、頭を低くして川面を覗き込んだと思うと、素早く嘴を水中に向ける。

Photo_5

 一発で獲物をしとめたようで、水の滴る嘴の先にはオイカワのような魚を銜えている。繁殖期の赤色はあまり目立たないが、背びれや腹びれからの判断で間違いはあるまい。

Photo_7

 見事な捕食の光景である。こちらを向いて飲み込んでほしいなと思ってみているが、シャイなアオサギなのか、背中を見せたまま飲み込んでしまい、その場面は見せてくれなかった。

 

 

 

« オオタカ幼鳥  Ⅲ  目つきは一人前? | トップページ | カルガモ     大家族で »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アオサギ   見事な捕食:

« オオタカ幼鳥  Ⅲ  目つきは一人前? | トップページ | カルガモ     大家族で »